おしゃブロ

僕みたいな一般サラリーマンでもできるとっても身近でとっても気軽にできるお洒落な生活を紹介、共有するよ。いつか沢山のリピーターさんがついてくれるブログに育てあげることが夢。

あんの日大クソ監督とクソコーチめ!

結局誰が悪いのか

間違いなく前監督と、コーチです。これは間違いありません。

 


タックルを示唆したかどうかを抜きにしたとしてもクソであることに変わりは

ないでしょう。

 


何故なら、結果的に選手はアメフトを辞めてしまうからです。

スポーツする楽しさ、アメフトの楽しさを彼から奪ったからです。

スポーツをする楽しさを教えてあげることができなかったからです。

 

 

 

 

 

スポーツをする上で大事なこと

勝ち負けはもちろん大事。

 


勝つ喜びを味わうということ。

負けたときの悔しさを味わうこと。

 


勝ち負けから人生において大切なことを沢山学ぶことができる。

 


でも勝ち負けだけに目が行ってしまうと見えなくなってしまうことがある。

「楽しさ」です。

 


本来スポーツはルールの中で、自由であるべきであり、楽しむべきものである。

と僕は思っています。

 


楽しさの見えないスポーツなんて辛いだけです。

 


辛かったからこそ、勝つ喜びがある。

もちろんそうだと思う。

 


でも辛さの中には必ず楽しさが伴っていないといけない。

 


楽しいだけのスポーツが良いと言っているわけじゃない。

スポーツ、部活、クラブをしてた人はなんとなくわかってくれるかな。。

 

 

 

あの記者会見はまじでクソだった

前監督「なぜあの選手が辞めなければいけなかったのか。ほんとに全て我々の責任だなあ。と思います。」

 

 

 

ふざけんな。

 

 

 

この発言には日本全土が衝撃を受けた筈。

 

 

 

終始しどろもどろで、何を言っているかわからないし、

もちろん真実は監督、コーチ、選手にしか分からないけれども

 


勇気を出してしっかりと会見を行った選手

2人で出てきて、終始支離滅裂なことを言っている大の大人

 


あれを見ていると、きっと選手の言っていることが

真実なんだろうなぁ。。と感じてしまいますよね。

 

 

 

アメフトしている友人から聞いたこと

『悪質なタックルであることは間違いないけど、大事になりすぎ。数多く試合をしていれば、稀にああいったプレーが出ることもある』

 


アメフトをしている友人は何人かいますが、皆同じことを言っていました。

『大事になりすぎだ』と。

 


本気が故にああいったプレーが出てしまうこともあるのかも。しれない。

 


今回に限っては違うけど。

 

 

 

 


答えはでないけど、、

あの会見を見てると、今年一番胸糞が悪かったので

書かずにはいられませんでした。

 


あんな大人がいるということ。

 


自分の子どもをあんな大人に預けることはできないし、

あんな大人にもなりたくない。

 

 

 

ただ宮川選手がアメフトを続けれくれますように。

そう思わずにはいれらません。

 


ただそれだけを祈って、終わりとします。